2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« ゲーム理論でFX | トップページ | 初めてづくしの1週間 »

2009年3月14日 (土)

復帰第1週のトレードを振り返る

LASIK後、トレード本格復帰第1週ですが、日経225miniでは苦戦をしましたが、FXでは健闘して、トータルはプラスで終えることができました。

本日は、約40pips、明日、ミュージカルCATS(埼玉からだから、自分で会場に行きたかったのだけど、チケットだけは満席で購入できず、やむを得ず旅行会社の高いツアーで)を観に行くのですが、ちょうど、そのツアー代金まるまるゲット!といった感じです。

今日は、ユーロ円ショートを仕掛けて、途中、-50pips(ストップは一応100pips上に入れていましたが)まで逆に動きましたが、日付が変わるころ、思惑どおり、ユーロが下げてきました。そこですかさずリミット入れました。

復帰までの1ヵ月半の間は、ほとんどチャートは見ず、日経新聞とWBSのニュース内容を理解することに徹しました。私は、テクニカル重視派ではありますが、ファンダメンタルを知れば、「先読み力」がつくと思ったのです。

「今」でなくて、○分後、こうなるかな?ということを想像したこともなかったのですが、今週から、シナリオを考えて、それにふさわしいチャートパターンを選択してトレードするようにしています。

だから、CTのチャートも、パソコン別・手法別に、20パターンくらい登録していて、相場の流れに合わせて、切り替えながら使用しています。

LASIK後は、スキャルもやっていますが、「時間足のできる付近」のみ、チャートに集中するようにしています。最近は、5分足メインだから、5分ごと、です。

このやり方、今の私のリズムに合っているみたいです。

来週も、この調子でトレードに挑みたいと思います。

« ゲーム理論でFX | トップページ | 初めてづくしの1週間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173867/44338506

この記事へのトラックバック一覧です: 復帰第1週のトレードを振り返る:

« ゲーム理論でFX | トップページ | 初めてづくしの1週間 »