2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月 6日 (土)

どうする?来年の手帳

書店やロフトの店頭で、2011年1月始まりの手帳コーナーが、賑わいはじめています。

今は、スケジュール管理は、iPhoneアプリ、さいすけと、 TouchTodo iconを使っています。Webページやシステムのリリースの納期管理に役立つのと、1年ごとに買い替えなくてすみ、記録に連続性を保てるから、です。

でも、紙の手帳も併用して使っています。紙の手帳は、スケジュール管理、というよりも、記録用というか、日誌のような感じで使っています。今年の残り日数なんかも分かるし、この点が、デジタルよりも便利です。残り日数をチラチラみるたび、やる気にスイッチが入るし。

来年は、紙の手帳を、2冊用意する予定。

投資用は、「金融占星術投資手帳 ~2011年版~

ボイドタイムとか、天体の動きからのキーワードが、投資だけでなく、日常の行動予定を立てる際、大変参考になるので。大きく動くときは、チャンスでもあり、ピンチでもあるし。

トレードノートもつけていますが、エクセルとかで決まったフォーマットを作っても、すぐ飽きてしまうし、書くことは、「勝ち負けのpips数、エントリーの根拠、エクジットの根拠」を、ツイッター程度の文字数でしか書きません。取引時間や、レートは、取引記録に残っているし、エクジットは、相場に応じて、機械的に決めているから、書かないことも多いかな。

最低、エントリー時のテクニカル指標や、平均移動線の傾き具合などは、書くようにしています。「だから、このようなエントリーをした」と、振り返れるように。

その他用は、「11 能率手帳キャレルA6バーチカル1(オレンジ)

こちらも、行動記録用です。今使っている2010年版もオレンジなので、色違いを購入するかもしれませんが、オレンジが、一番人気らしい。日経WOMANとのコラボです。

同じシリーズの、土日均等タイプも、土日もセミナーとかに外出する私にとっては、魅力的ですが、色がブルーだけなのと、週間予定の部分に、当月のカレンダーしか掲載されていないのが、ちょっと残念。

おそらく、ロフトの店頭で両方手にとって、迷ってしまうだろうなぁ。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »