2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« どうする?来年の手帳 | トップページ | オラクルカードに魅せられて »

2010年12月 4日 (土)

メモることの大切さ

ここ一ヶ月半、速読教室を休んで、取り組んでいたこと、それは、トレードの悪い癖を矯正することです。

ある日突然、FXで勝てなくなって、30連敗を喫してしまったからです。株は、それほどは負けてなかったので、なんとか、投資の世界からの退場は逃れることはできました。

浅田真央さんのトリプルアクセルがバシバシ決まる時は、私のトレードも調子がよく、そうでない時は、ダメなのです。

そこで、ジャンプの矯正ではないけど、トレードの矯正をしてみることにしました。トレードの記録を取って、分析することから始めました。まさに、認知療法です。

分析した結果、いちトレードが、デイトレにしては長めだったので、利確もストップも、5pipsほど広く取ったほうがいいのでは、とか、成行決済のレートは、狙ったところで決まっているけど、エントリーのタイミングが悪く、トレンドに乗れてないから、利幅が狭くなってしまうので、ここぞと思うタイミングまで、待つことを心掛けるように、と、いうことに気づきました。

メモることによって、悪い癖に気づき、修正することができたのか、今は、3勝2敗くらいでできるようになってきました。

チャートは、時間足ごとに、表示するインジケータを変えてみました。分析用の1時間足は、RCIと ADXを表示させ、短時間足は、ローソク足の動きや、値動きに集中できるよう、ボリンジャーバンドと、平均移動線のみ、表示とか、工夫しました。

だいぶ、自分の理想形に近づいてきました。

トレード矯正の訓練は、集中力や判断力を養うのにも良かったのか、久しぶりにいった速読スクールのスコア、落ちるどころか、伸びているものも、いっぱいありました。

これで、やっと、平日夜の速読スクールと、FXトレード、両方楽しめる体制になってきたので、来週からは、どちらも頑張ろうと、思います。

« どうする?来年の手帳 | トップページ | オラクルカードに魅せられて »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173867/50211304

この記事へのトラックバック一覧です: メモることの大切さ:

« どうする?来年の手帳 | トップページ | オラクルカードに魅せられて »