2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ

« ついに届いた、iPad2 | トップページ | 今年も株主総会シーズン突入 »

2011年6月14日 (火)

「きっかけを作る」ということ

先日は、FX友の会に参加させていただきました。

主催の奈那子さんが大阪の方なので、ツイッターなどで交流はあっても、実際にお会いするのは初めてで、とても緊張しましたが、参加者の皆さんがアットホームで、とても楽しいひと時をすごすことができました。

ゆんさんバカラ村さんトモラニさん…生でお会いしたいと思っていたトレーダーさんと、いろいろお話をさせていただき、感謝しています。

勉強会の際、大前さんとマークさん、お二人が、「オンタイムで情報収集するには、英語が理解できるようにならないと」と、厳しいお言葉を発していらっしゃいましたが、偶然、英語は、ここ1年間で、毎日勉強する習慣が身についていました。

きっかけは、本屋で、中村澄子先生の「新TOEICテスト スコアアップ135のヒント (祥伝社黄金文庫) 」という本を偶然立ち読みして、「どんなに勉強しても、母国語レベルにはならないから、一生勉強を続けられるのが、英語、そして、大学でスペイン語をやってたからスペイン語も一緒に…」と思ったことからでした。

肝心のTOEICスコアはサッパリですが、経済指標が前回より良いか、悪いか、結果が今後どのように作用するか、という部分は、UPとかDOWNとかが聞き取れればそれほど問題ないので、情報収集には、TOEICの勉強は無駄になっていないと思いました。

大前さんは、ずっと注目していたトレーダーで、いつかは生でお話ししたいと思っていましたが、今回縁あって、会員制サイトでもお世話になることになりました。

今までやっていたことが、無駄ではなく、すべて何かしらの役に立っている、ということを気づかせてくれた、FX友の会に感謝します。

今後は、FP技能士&通関士試験合格の経歴を活かせるよう、FXを究めていきたいと思います。

« ついに届いた、iPad2 | トップページ | 今年も株主総会シーズン突入 »

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/173867/51945817

この記事へのトラックバック一覧です: 「きっかけを作る」ということ:

« ついに届いた、iPad2 | トップページ | 今年も株主総会シーズン突入 »