2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入り

うれしいたのしいしあわせ日記
ロビと仲間たち
*FXで夢ある未来*
新・脱サラ女sarahのFX日記★☆★what a wonderful FX life★☆★
為替千里眼
子育てしながらFXで経済的不安を解消する方法
FXの王道【羊飼いの外国為替FXブログ】
金持ち母さん貧乏母さん

マイサイト

ゴールデンキャットのヘミシンクでGO!


blogランキング

人気ブログランキング/ブログランキング・にほんブログ村へ
ご支援よろしくお願いします♪

アクセスランキング

興味のある本、CDなどここから検索、購入できます!

おすすめアイテム

ドクターシーラボのスキンケア トライアルキット

10Lまで揃う! ニッセン

使い捨てコンタクトを速配!

2011年9月18日 (日)

なぜか、TOEICに夢中

実際にTOEICの勉強をし始めたのは、昨年の3月10日。中村澄子先生の「TOEICスコアアップ135のヒント」を偶然書店で立ち読みしたこと、からでした。
趣味の外国投資にも活かせたらなぁ、というのも、ありました。

ただ、TOEICは、「慣れ」が必要な試験と聞いていたので、その「慣れる」ことをこの1年の課題としていました。例えば「リスニングで聞きもらしがあっても、動じない」とか、「何が何でも、200問まで解答する」とか…。

事実、昨年なんかは、Part2の途中で、「もうアカン…」と投げやりになってしまったこともあったけど、今年は、淡々と、2時間集中して受験できるようになりました。

それと、私の中で、大きな変換点となったのが、今年の3月11日。

連日の余震と、放射能関係の恐怖をあおるようなニュースは、正直言って耳を塞ぎたい。でも、身を守るためには、報道に頼らざるを得ず、どうしていいのか…

ただ、どのくらいの数値なら安全なのか、とかは、事実が伝わっているとも思えないし、現代の学問で完全に解明できているものとも思えないから、ますます不安なのです。

あの日以来、「英語の勉強をすれば、悲しいニュースが流れない、日本以外でも不自由なく暮らせるようになるのかな…」と、朝も前と比較して、2時間早く起き、各駅停車に乗り、音楽を聞くことは止め、英語のリスニングをするようになっていき、TOEICの勉強をすることで、現実逃避をするようになっていきました。

朝が早いから、夜に通っていた、速読教室は、本棚にしばらく近寄れなかったということもあり、次第に疎遠になってしまいました。
そろそろ、再開したいとは思っているんですけど…。

ただ、TOEIC受験仲間は、親切な方が多く、ツイッターやmixiで、気軽に質問に答えてもらったり、励ましたりしてもらえるので、勉強するキッカケは後ろ向きなものだけど、結果としては、話題を共有できる仲間を見つけられたので、それはそれでよかった、と、思います。

本題の投資は、というと、日本株がイーブンで来ているので、今はそれほど動かさなくてもいいかなぁ、という感じで、積極的に静観、といった感じです。

ただ、チャンスが来たときのために、たまにチャートやパンローリングの本などを復習して、好機を待ち構えている、そんな状況です。

次回TOEICは、間があいてしまうのですが、11月を目標としています。

前回は、リスニングでベストスコアが出せたので、今度は、両方とも記録更新を狙って、上級者枠への昇格を狙っています。

2011年6月14日 (火)

「きっかけを作る」ということ

先日は、FX友の会に参加させていただきました。

主催の奈那子さんが大阪の方なので、ツイッターなどで交流はあっても、実際にお会いするのは初めてで、とても緊張しましたが、参加者の皆さんがアットホームで、とても楽しいひと時をすごすことができました。

ゆんさんバカラ村さんトモラニさん…生でお会いしたいと思っていたトレーダーさんと、いろいろお話をさせていただき、感謝しています。

勉強会の際、大前さんとマークさん、お二人が、「オンタイムで情報収集するには、英語が理解できるようにならないと」と、厳しいお言葉を発していらっしゃいましたが、偶然、英語は、ここ1年間で、毎日勉強する習慣が身についていました。

きっかけは、本屋で、中村澄子先生の「新TOEICテスト スコアアップ135のヒント (祥伝社黄金文庫) 」という本を偶然立ち読みして、「どんなに勉強しても、母国語レベルにはならないから、一生勉強を続けられるのが、英語、そして、大学でスペイン語をやってたからスペイン語も一緒に…」と思ったことからでした。

肝心のTOEICスコアはサッパリですが、経済指標が前回より良いか、悪いか、結果が今後どのように作用するか、という部分は、UPとかDOWNとかが聞き取れればそれほど問題ないので、情報収集には、TOEICの勉強は無駄になっていないと思いました。

大前さんは、ずっと注目していたトレーダーで、いつかは生でお話ししたいと思っていましたが、今回縁あって、会員制サイトでもお世話になることになりました。

今までやっていたことが、無駄ではなく、すべて何かしらの役に立っている、ということを気づかせてくれた、FX友の会に感謝します。

今後は、FP技能士&通関士試験合格の経歴を活かせるよう、FXを究めていきたいと思います。

2009年5月22日 (金)

国家試験ラッシュの一日

新型インフルエンザの影響で、関西を中心に、コンサートやイベントの延期、中止が相次いでいます。一般にはあまり知られていませんが、国家試験関連でも、いろいろな影響が出ています。

今週日曜日、24日は、公認会計士、弁理士、FP技能士、測量士補と、比較的規模の大きい国家試験が重なる日でもあります。
教育関連で、システム運営を担当している私は、とても忙しいのです。

これらの試験、すべてマークシートを導入しているので、大学受験予備校で実施する、センター入試の自己採点のような、「解答リサーチ」を実施するのです。それで、入力フォームの点検、サーバへの公開などの作業をこなしています。こんなに多くのフォームを同時進行させたことはありません。その影響で、部署内は、大忙し。

もう一つ、受験会場での、「営業」があります。よく試験会場で見かける、「直前チェックシート」や、「解答速報のご案内」を配る仕事です。

今年の試験会場は、「厳戒かつ異様」な状態なんだろうなぁ。特に公認会計士試験。
全国の受験生全員(関西地域以外も、です)に、マスク着用、用意できない人は、ハンドタオルやハンカチは必ず用意しなければならない、という徹底ぶりです。
「マスクをしながら受験」って、大変だろうなぁ。

弁理士試験では、試験会場の入口に、消毒液を置くみたいです。

私も、来月13日に、ある試験を受験する予定なので、マスク着用義務を想定して、「いかに快適にマスク着用をするか」練習をしています。社内で、風邪気味の人が多いのです。一人一人のスペースが狭いので、安心して試験日を迎えるため、そうせざるを得ない事情があります。

そういえば、今年は、お正月から、2月8日(レーシックの手術日)まで、マスクを着用をしておりました。「インフルエンザで手術が延期」になったら、その後のスケジュール調整が大変だから、です。季節性しか効果はないようだけど、今年に限っては、予防接種も受けました。その後、花粉症になっちゃったので、風が強い日だけ、マスクをつけていました。

「なんと大げさな!」と思われるかもしれませんが、受験生の皆様は、体力の限界まで、頑張って本試験の準備をしています。抵抗力が通常時より弱っていることも多いのです。
自分自身も、朝早くから、夜遅くまで、仕事-FX取引-受験勉強、と、よく体力が持つなぁ、と、思っています。高校受験の時のようなことがなければいいけれど。

「マスク着用」について、いろいろ意見がありますが、少なくとも、人が密集しているところでは、咳の出ている(出そうな)方は、風邪気味であるなしにかかわらず、着用していただきたい、調達できない方は、ハンカチなどで、鼻と口を覆って下さい、と、切にお願いしたいです。

「インフルエンザ」云々ではなく、これは、衛生上の問題です。食品工場の方は、健康であっても、全員マスクをしているでしょ?細菌の飛沫防止、製造から消費までのタイムラグがあるので、その間の食中毒防止の観点から、マスク着用をしなければならないのです。
入院患者の面会時に、マスクをする、というのも、見舞客自身の感染防止、というよりも、抵抗力の弱った入院患者を感染から守るため、という観点で実施しているのです。

「マスク」について、もっと大きな視点で、健康な人でも着用しなければならない時と場合がある、ということを知ってもらいたくて、書きました。

私は、測量士補の会場におります。「ゴールデンキャット」なので、「合格招き猫」として、頑張ります!会社からの指示もあり、もちろんマスクを着用しておりますので、「ネコっぽい(いろんな人から言われます)素顔」をお見せできないのが、残念です。

本来は、営業活動そのものを自粛すべきなんだろうけど、営業チャンスが限られている以上、会社の業績に大きく関わり、私たちのお給料にも、影響してくるから、申し訳なく思いながらも、応援させていただいております。

どうか、受験生の皆さん、ベストを尽くして頑張ってくださいね!

2008年9月21日 (日)

アラフォー受験生が行く!

本日は、とある試験のため、平塚まで朝5時起きで行って来ました。

何やら、英語で算数の文章題が出てきて、ビックリしました。
外資系の入社試験、英語で出題されたSPI、といった感じでした。
仕事で、法科大学院の適性試験のようなものを回答させられたことはありますが、そんな問題もチラホラ出題されていました。

「文字を書く」ということを、日常生活ではほとんどしないから、腕が疲れました。もちろん、頭はその数十倍です。

でも、好きな分野の勉強には没頭するから、心身ともに疲れていても、帰りの電車の中、「\SPA!」を読みつつ、新たな投資手法について、あれこれ考えていました。4億円主婦のFX手法、あの4億円主婦の池辺雪子さん、今月発売の複数のマネー雑誌に、登場していますね。「\SPA!」では、先日のトレイダーズ証券主催のセミナー内容の一部が、掲載されていましたよ。

今年は、RSIとブレイクアウトが流行っているみたいですね。
私は、RSIはあまり使いませんが、ボリンジャーバンドのスクイーズからのブレイクアウト、最近よく使っています。あと、トレンドの強さを見る、ADXも、参考にするようになりました。平均移動線だけよりも、トレンド状態がハッキリ分かるから、おススメです。

「何でアラフォーにもなって、いろんな試験にチャレンジし続けるの?」といろんな人に言われます。たとえ合格しても、次の目標を見つけてしまいます。

資格マニアを通り越して、受験依存症、とでもいうのでしょうか?

自分の実力ストレートで勝負できるトレードに賭けてみたい、と思い始め、専業トレーダー生活に憧れるようになりました。でも、専業になったら、トレード以外のことをしなくなりそうで、それが怖いのです。トレード生活をしながら、人の役に立つ技術や学問を研究したい、というのが、理想の人生です。

私の場合、「試験を受けること」が、トレード以外に精一杯頑張れる目標なんです。
受験会場に行くために、乗り物に乗ること、ホテルに泊まること、また、試験の緊張感も、プレッシャーだけど心地よいのです。今の仕事、出張がほとんどないから、受験で遠くの土地へ行けることが、なにより嬉しいです。

少し前までは、1万通貨単位でおそるおそるトレードしていましたが、やっと、5万通貨単位でのトレードに慣れてきました。1トレードは、15~20pips抜きを目標としているので、スキャルとデイトレの中間くらいの時間でトレードというのでしょうか?

まだまだカリスマトレーダーのように、ハイレバレッジでのトレードはできませんが、マイペースで資金を増やして、いずれは、1トレード10万通貨単位でも動じないスキルを習得したいと思います。

2008年9月17日 (水)

リーマンズショックで思うこと

連休が明けたと思ったら、米大手証券会社のリーマン・ブラザーズの経営破たんというニュース。「まさか、あんな大手が!」とショックです。
保険会社のAIGは、公的資金投入による救済になったとのことですが、保険は、リスクに備える、という証券会社との商品特性の違いから、救済策が取られることになったようです。

外資系企業に勤める友人は、「収入は高いけど、日系企業と違って、雇用の安定はないよ」と、口癖のように言っていました。

なるほど、外資系に勤める方々は、向上心が旺盛で、英語やIT、経済学など、日常的に勉強をしているように思えます。「いつでも転職に備えておかないと」だって。
もちろん、会社での仕事力アップにも役に立つから、一石二鳥です。

私自身は、転職願望は今のところないけれど、今の会社がどんなに好きでも、万が一、経営破たんともなれば、新しい仕事を探さなければならないし。

ということで、十数年振りに、英会話の勉強を再開しようと思います。

旅行会社時代、UDA式の書籍で発音を学んでいた頃、ネイティブの方から、「発音がキレイだね」と褒められたことを思い出し、UDA式で英語に再チャレンジすることにしました。

「声を出して読む~」と、音読ブームだし、朝一番から、発声(発音)練習をすると、目が覚めそうだし。

今は、DVD教材なので、頭出しも便利になりました。
英語の発音 UDA式30音DVD

英語の発音に慣れたら、TOEICにも再チャレンジしてみたいです。

2007年4月17日 (火)

テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)受験期

今週の日曜日、受験してきました。
会場は、日大理工学部。本試験受験や、仕事でいろいろなキャンパスに行く機会がありますが、なんと、ココは初めて。情報処理試験は、使用会場が出願時に決定していないので、地元の受験会場と迷うのですが、東京の会場の方が、地元からアクセスがよいことが多いため、だいたい東京を指定しています。
特に埼玉南部の方は、埼玉と東京、迷う方もいらっしゃると思いますが、皆さん、どうされてますか?

日大理工学部は、御茶ノ水駅から徒歩約5分。想像していたよりも、キレイな会場です。長机ですが、机と椅子が別々になっていて、真ん中に受験生を座らせないので、窮屈でないのも良かったです。ただ、空調の調整が悪いみたいで、とても寒かった。
試験会場では、温度調整できるよう、薄手の上着も用意しておくといいかもしれません。
教室では、60名位が入る教室でしたが、5名程度、女性がいらっしゃいました。女性の受験者、前回よりも多かったような気がします。

午前問は、「問題を配り間違えたの?」というほど、データベース部門からの出題が目立っていました。私は、データベースが不得意なので、ボーダーラインぎりぎりの出来でした。

午後1は、2・3・4を選択。1は、プログラマー向けに見えたので、避けました。全体的に、セキュアドのような問題だな、という印象がありました。
採点されれば、6割程度の出来です。

午後2は、2を選択。1は、SQLが出た時点で、避けてしまいました。書かせる文字数は多かったですが、難易度は、昨年よりも易しめ?だと思いましたが、採点してもらえるかどうかが、問題。

ということで、今回も、「問題をゲットしてきただけの参加賞」で終わってしまったみたいです。

現行方式での試験も、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)に関しては、どうやら今回限りだったみたいなので、それを知っていれば、もっと勉強をして、試験に臨んでいたのに、と、後悔しきりです。

2007年4月 7日 (土)

勉強モードに突入

春は、新しい年度の始まり。日本では、「新年度の始まり」ということで、お正月以上に、「今年度の目標」など、1年のライフスタイルやスキルアップの計画を立てる方が多いと思います。

また、これから秋にかけて、国家試験のラッシュでもあります。

そこで、資格の勉強を始めてみませんか?

【LEC Online】国家試験受験対策の通信講座・書籍がオンラインで申込めます。
講座・書籍のお申込は5%ポイント還元!書籍は最大10%OFF!

私はLECの講座&書籍で、通関士、初級シスアド、情報セキュアド、FP技能士2級に合格することができました。

使ってみてよかったことは、法律や金融、コンピュータについて、本格的に学んだことはなかったのですが、専門用語の解説がわかりやすかったから、どれも短期合格することができました。

就職、転職だけじゃなく、こんな資格の活用法もあります。

通関士・FPの知識は、FXをやる上で、とても役立ちます。「外国為替」について学べるからです。もちろん、金融や保険・年金の知識も身につきます。

初級シスアド・情報セキュアドは、オンライントレードをやる方(とくにデイトレーダー)で、マルチモニタの設置やネットワーク構築に役に立ちますよ。

私の今年度のとりあえず目標は、CFPの課目合格(まず金融とリスクを受験予定)、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)合格ですが、テクニカルエンジニアは、準備不足のため、問題をゲットしてくるだけ、になりそうです。

国家試験以外では、アフィリエイターとしても、収入を安定させること。
リンクシェア」のセミナーに参加して、前回はカリスマアフィリエイターのお話を直接伺うことができたので、今度は、レビューアフィリエイトに、チャレンジしてみたいです。

みなさんも、一緒に参加しませんか?
4月21日は臨海副都心へ「第5回アフィリエイト大見本市」開催決定!

2006年10月16日 (月)

上級シスアド受験体験記

日曜日、上級システムアドミニストレータ試験を受験してきました。
会場は、四谷の上智大学です。

さすが、女子学生が多い大学ということもあり、休憩時間にトイレに行列ができることもなく、快適でした。建物は古いけど、手入れは行き届いている、という感じ。座席も、長机に2人掛け、真ん中になる方はその教室ではいなかったので、これまた好条件でした。

私は、試験時間は、「フルに解答&確認に集中」するため、途中退出はいつもしませんが、人と人に挟まれていると、圧迫感があって、解答に集中できなくなることがあります。ワガママだと思われるけど、できれば、高校のような1人づつの机か、机の両端のみ座席がある方式が、ありがたいです。

午前問は、というと、春試験よりはマシで、自己採点で、35/55。かなり午前突破が苦しい点数ではあります。

合格するときは、いつもギリギリ&スレスレ。なので、落ちるときも、1点違いとかのボーダーが多いのです。もっと、日頃の努力をキチンとすれば、解答中&合格発表もハラハラドキドキしなくていいのに、と毎回反省しきりです。

本日は、午後Iは、問題1、2、4を選択。金融機関での勤務経験がないため、「銀行業務」と出ただけで、問題3は、パスしてしまいました。
これも、自己採点で、6割5分くらいの出来。

最後に、午後II。問題1を選択しました。「オンラインショップ」という言葉に反応してしまったためです。午後Iの問題1といい、午後IIの問題1といい、インターネットを活用したシステム構築による業務改善がテーマ?のようです。
インターネットによるマーケティングの知識は、上級シスアドの解答では、今後必須知識になるかもしれません。

ちょうど、1年ほど前、自社のオンラインショップをリニューアルする際、改善点を洗い出し、ASPの選定やカスタマイズなどを行っていたこともあり、そのときの視点を元に、答案展開をしていきました。アフィリエイト導入について、現在のショップシステムの機能と導入費用を考慮して、業者を選定した、などと、エラそうに書いてしました。問1は、ジャスト800字、問2と3は、合わせて約2,200文字の答案となりました。内容的には、どうだろう?字数は合わせましたって感じです。今回は、答案作成中に、頭痛や、筋肉痛に見舞われることもなく、最後まで集中力が途切れず解答できたので、結果はともかく「達成感」でいっぱいです。

春試験は、というと、今回合格できたら、システム監査、不合格だったら、テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)を受験しようと思ってます。年齢的には、エンジニアよりも、管理職っぽい区分の方がしっくり来るかな?と思いますが、論述より、事例解析っていうのも魅力だし。やっぱり、出願まで迷ってしまうと思います。

いずれは、システムアナリストまで取得したいので、TOEICみたいに、1カ月おきに情報処理技術者試験があればいいな、と思います。

2006年9月 7日 (木)

Go for it!

私はこの言葉が大好きです。「困難を承知で全力でやってみる」って、素敵ですね。
ドリカムの「Go for it!」という曲は、確か私の誕生日が発売日だったから、当時はよく聞いていました。

私の趣味は、資格試験を受験すること。合格できればラッキーですが、ある分野についての知識が増えればいいな、という気持ちでやっています。目標に向かって努力する、ということ、試験当日の、なんともいえない緊張感が、たまらなく好きなのです。
来月は、情報処理技術者試験を受験します。初級シスアド→情報セキュアドと合格してきたので、今度は上級シスアドに挑戦します。

「負けず嫌い」という性格も、拍車をかけているようです。ゴールデンキャットの兄弟は、私を除き、金融機関の勤務経験があって、ファイナンシャル・プランナーホルダー。私だけが、いつも話題から取り残されて、悲しい思い。

そんな私が、一念発起して、2級FP技能士&AFP登録をしてしまいました。勉強から、半年で3級&2級FPを取得。その後、AFP認定研修を経て、AFP登録をしました。

仕事で資格関係の話題にはもともと詳しいのですが、今は、投資ブームもあってか、金融系資格が人気のようです。その中でも、業種を比較的選ばないのがファイナンシャル・プランナー。

最初からAFP登録を目指す場合は、認定研修を修了してから2級技能士の試験を受けるのが早道ですが、「まずはファイナンシャル・プランナーの基礎から学びたい」という方には、3級の勉強から始めるのがおすすめです。

2006年8月11日 (金)

突然、英語が勉強したくなった!?

11月のモンロー研ツアーに向け、本格的に英語を勉強することにしました。
米国人インストラクターと、マグモニグルさんと、直接英語でお話してみたい、という夢があるので。
ひょっとしたら、ヘミシンクのセッションで、ガイドの「窓を開けて」というメッセージが、これに当たるのかも、と思いました。
ユーミンの「やさしさに包まれたなら」の歌詞が思い浮かびました。「カーテン」「木漏れ陽」まさにそんなイメージ。

リーディング対策として、TOEICの勉強をやればいいのかな?と思い、勢いで、750点保証 上級編TLTソフトのモニターを申し込んでしまいました。お値段も、モニター特別価格33,000円(税込)と、語学教材としてはお手ごろだったので、試してみることにしました。これぞ、究極の自己投資です。
勤務先でもTOEIC教材を開発しているのですが、他社の教材を使用すれば、その体験を商品企画にも活かせるのかな、というのが、購入の決め手となりました。

リーディング力がつけば、経済用語満載の英字新聞などもスラスラ読めるようになるかも?とか、母の友人の住むアメリカ地方都市を、私の母と、行ってみたい、という動機もあります。観光地ではないから、どうしても英語を使わなければならないし。

早速、TLTソフトを使用したところ、インストールも簡単で、機能の割には、パソコンスペックがそれほど高くなくてもサクサク動くところが気に入りました。サブノートサイズのパソコンでも、画面が見易く、目にも優しそうです。

トレーニングは、750点目標にしては、基礎的な部分もしっかりと押さえています。リスニングは、聞き取りが難しい単語を集中的に出題し、タイピングしていくのですが、これが、タイピングの練習にもなり、とても楽しいのです。

「特打」シリーズも使用しているのですが、こちらは、勉強というより、ゲーム感覚で楽しみながらやってます。

TLTの1レッスンは、大体15分程度で終わりました。もともと、ゲートウェイの英語版CDを毎日聞いているし、リスニングは好きなので、テスティングのみで、大部分がクリアできました。

これから、毎日どのくらい勉強が進められるか、楽しみです。

より以前の記事一覧

おすすめ証券会社

楽天証券
オンライントレーディングソフト
「マーケットスピード」が好評!
SBI証券
手数料で比べるなら、やっぱりSBI証券。IPOもFXも好評です。
カブドットコム証券
自動売買・kabuマシーンが好評!預かり資産があれば非前金制も選択可能。

FX会社

外為ジャパン
時間成行注文OK!仲値トレードに便利です

ALL外為比較