2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入り

うれしいたのしいしあわせ日記
ロビと仲間たち
*FXで夢ある未来*
新・脱サラ女sarahのFX日記★☆★what a wonderful FX life★☆★
為替千里眼
子育てしながらFXで経済的不安を解消する方法
FXの王道【羊飼いの外国為替FXブログ】
金持ち母さん貧乏母さん

マイサイト

ゴールデンキャットのヘミシンクでGO!


blogランキング

人気ブログランキング/ブログランキング・にほんブログ村へ
ご支援よろしくお願いします♪

アクセスランキング

興味のある本、CDなどここから検索、購入できます!

おすすめアイテム

ドクターシーラボのスキンケア トライアルキット

10Lまで揃う! ニッセン

使い捨てコンタクトを速配!

2010年12月11日 (土)

オラクルカードに魅せられて

会社内で、業界紙に掲載されていた、オラクルカードのiPhoneアプリの記事を目にした同僚に、「オラクルカードって、何?」と聞かれて、

「天使の絵とかが書いてある、占いカードだよ」と、答えました。

仕事が、IT関連だし、同僚にもオラクルマスターがいるので、オラクルといえば、「日本オラクル」という世界で、スピリチュアルな記事とは、ビックリです。

その翌日、お世話になっている、レイキの先生から、「南麻布にサロンを移転したので、お披露目の会を開催する」という連絡がありました。

住所を見たとたん、知人のお宅の裏手ということに気づき、「ヘミシンク以外のスピリチュアルは封印する」つもりだったのが、偶然が続いたこともあり、お披露目の会に参加したところ、以前引いて感激した、オラクルカードと再会することができました。

それで、オラクルカードやドリーン・バーチューについて、興味を持つきっかけとなりました。

最初に購入したのが、これ。


カードの絵柄を見ているだけで、あたたかい気持ちになってきます。

英語の勉強を兼ねて、英語版を購入したものも。


iPhoneアプリ+英語版カードで、日本語版のカードセット価格よりも安く、iPhoneとカード、どちらも楽しめるので、おススメ。

朝はヘミシンク、夜は、ドリーンのワークをやる、というサイクルを、ここ1カ月ほど続けています。

美しい色つきのビジョンも、「見たい時に見える」訳ではないけど、見える確率が高くなってきたので、美しい絵で癒された効果なのだと思います。

最近は、「電車でヘミシンク」シリーズに加え、「今日のオラクルカード」について、ツイートしています。

2009年6月22日 (月)

もう一度「透視」を究めてみたい

ひょんなことから、ジョー・マクモニグルの翻訳本が発売されたことを知って、つい、注文してしまいました。モンロー研究所で、「投資」をする時は、「透視」をするの?と質問したら、「Sure.」という答えが返ってきたので、もう一度、投資の腕を磨くべく、チャレンジすることにしました。

遠隔透視の心得などが書いてあるんだけど、「猫」は透視に影響を及ぼすようで、遠隔透視をするときには、避けた方がよいとのこと。

確かに、みーちゃんが家に来てから、不思議な出来事はたくさん起きているけれど、自分自身が持つ透視の能力について、自覚する機会が少なくなったような気がします。

私の場合、映像ではなく、触感とか、言葉が降ってくるような感覚で、感じたものを捉えます。もともと、絵を描くのが苦手だからかもしれません。

今日は、朝から片頭痛がして、本業の進捗はイマイチでしたが、頭痛がしたりするときの方が、意外にサイキックな能力が発揮できたりします。

今日は、EeePCも一緒だったので、外出先でもFXを楽しみましたが、帰宅してからの分を含め、3戦3勝。少しエクジットが遅れ、「しっぽをくれてやっちゃった」トレードもありますが、結果オーライ、というところです。

サイキックな能力を開発するのなら、ヘミシンクもいいけれど、もっとパワフルなCDを見つけました。
瞑想用は、波の音がする「Insight」。記憶・集中用は、雨音の「Focus」どちらもとても心が落ち着くCDで、これを、ネットワークウォークマンに、無圧縮で録音して、電車の中で聞いています。ノイズキャンセリングを使っても、効果はあまり落ちないと思います。
新発売!Insight CD(インサイトCD~波音バージョン~)+Focus CD(フォーカスCD)セット セット割引(100円引)

今日のFX手法は、オリジナルtickチャート活用法です。おそらくtickを積極的に使っている投資家さんは、少ないと思います。

tickチャートに、20EMAを表示させ、ゴールデンクロスとデットクロスでエントリーしていく方法です。5分足、1分足でタイミングを計り、すべてのクロスでエントリーすると、ダマシに遭うので、tickの角度が急激になった状態の時で、クロスしたときにエントリーする、というものです。
考え方としては、為替鬼さんの「タイミングチャート」に近いかもしれませんね。

ここのところのパフォーマンスが、とても安定しているので、この手法について、もう少し究めてみたいなぁ、と、思うようになりました。

2009年5月22日 (金)

国家試験ラッシュの一日

新型インフルエンザの影響で、関西を中心に、コンサートやイベントの延期、中止が相次いでいます。一般にはあまり知られていませんが、国家試験関連でも、いろいろな影響が出ています。

今週日曜日、24日は、公認会計士、弁理士、FP技能士、測量士補と、比較的規模の大きい国家試験が重なる日でもあります。
教育関連で、システム運営を担当している私は、とても忙しいのです。

これらの試験、すべてマークシートを導入しているので、大学受験予備校で実施する、センター入試の自己採点のような、「解答リサーチ」を実施するのです。それで、入力フォームの点検、サーバへの公開などの作業をこなしています。こんなに多くのフォームを同時進行させたことはありません。その影響で、部署内は、大忙し。

もう一つ、受験会場での、「営業」があります。よく試験会場で見かける、「直前チェックシート」や、「解答速報のご案内」を配る仕事です。

今年の試験会場は、「厳戒かつ異様」な状態なんだろうなぁ。特に公認会計士試験。
全国の受験生全員(関西地域以外も、です)に、マスク着用、用意できない人は、ハンドタオルやハンカチは必ず用意しなければならない、という徹底ぶりです。
「マスクをしながら受験」って、大変だろうなぁ。

弁理士試験では、試験会場の入口に、消毒液を置くみたいです。

私も、来月13日に、ある試験を受験する予定なので、マスク着用義務を想定して、「いかに快適にマスク着用をするか」練習をしています。社内で、風邪気味の人が多いのです。一人一人のスペースが狭いので、安心して試験日を迎えるため、そうせざるを得ない事情があります。

そういえば、今年は、お正月から、2月8日(レーシックの手術日)まで、マスクを着用をしておりました。「インフルエンザで手術が延期」になったら、その後のスケジュール調整が大変だから、です。季節性しか効果はないようだけど、今年に限っては、予防接種も受けました。その後、花粉症になっちゃったので、風が強い日だけ、マスクをつけていました。

「なんと大げさな!」と思われるかもしれませんが、受験生の皆様は、体力の限界まで、頑張って本試験の準備をしています。抵抗力が通常時より弱っていることも多いのです。
自分自身も、朝早くから、夜遅くまで、仕事-FX取引-受験勉強、と、よく体力が持つなぁ、と、思っています。高校受験の時のようなことがなければいいけれど。

「マスク着用」について、いろいろ意見がありますが、少なくとも、人が密集しているところでは、咳の出ている(出そうな)方は、風邪気味であるなしにかかわらず、着用していただきたい、調達できない方は、ハンカチなどで、鼻と口を覆って下さい、と、切にお願いしたいです。

「インフルエンザ」云々ではなく、これは、衛生上の問題です。食品工場の方は、健康であっても、全員マスクをしているでしょ?細菌の飛沫防止、製造から消費までのタイムラグがあるので、その間の食中毒防止の観点から、マスク着用をしなければならないのです。
入院患者の面会時に、マスクをする、というのも、見舞客自身の感染防止、というよりも、抵抗力の弱った入院患者を感染から守るため、という観点で実施しているのです。

「マスク」について、もっと大きな視点で、健康な人でも着用しなければならない時と場合がある、ということを知ってもらいたくて、書きました。

私は、測量士補の会場におります。「ゴールデンキャット」なので、「合格招き猫」として、頑張ります!会社からの指示もあり、もちろんマスクを着用しておりますので、「ネコっぽい(いろんな人から言われます)素顔」をお見せできないのが、残念です。

本来は、営業活動そのものを自粛すべきなんだろうけど、営業チャンスが限られている以上、会社の業績に大きく関わり、私たちのお給料にも、影響してくるから、申し訳なく思いながらも、応援させていただいております。

どうか、受験生の皆さん、ベストを尽くして頑張ってくださいね!

2009年5月20日 (水)

ココログニュースで当ブログが紹介されました。

ココログニュース、「新型インフル、冷静な対応を」の、参考サイトとして、ご紹介いただきました。医療の専門家でない、一市民の意見に注目して下さったことに、感謝しています。
これからも、アルファブロガーの仲間入りを目指して、ココログを継続したいと思います。

前回の記事、ラッシュアワーの電車内より、携帯からの投稿だったため、まとまりがなく、少々過激?な表現となってしまいましたこと、ご容赦下さい。

ここで、私のインフルエンザ体験記を紹介させていただきたいと思います。

ゴールデンキャットは、メンタルは、繊細な面もあるけれど、フィジカルは、意外にタフで、風邪をひくこともめったにありません。

そんな私でも、従来型のインフルエンザに1度だけ、かかったことがあります。それは、中学3年生、あと1週間後に、人生初めての入試を控えての出来事でした。

当時の担任の先生は、体育の先生で、「倒れるまで受験勉強しなさい!」と、まさにスパルタ教育。中学校の電話番号の一部が、「459」だし、まさに、地獄。

真面目だったので、学校の宿題、塾の宿題、毎日毎日、ラジオの深夜放送を聞きながら、頑張っていました。

「暖房入っているのに、背中がスースーする」と思ったら、だんだん、手足に力が入らなくなっていきました。
「これは、まずい!」と思い、勉強を切り上げ、とりあえずベッドに入りました。

でも、眠れません。それどころか、眠いのではなく、ボーっとした感じ(大人になってから分かったのですが、ほろ酔いの感覚)になりました。
咳と関節痛はひどかったけれども、喉の痛み、鼻水はあまりなかったです。

朝、熱を計ると、「38度5分」。慌てて病院に行きました(このときは、発熱外来などの制度はまだありませんでした)。「インフルエンザ」と診断されましたが、当時はタミフルなどの特効薬はなく、通常の風邪と同じ処方だったような気がします。

キチンと薬を飲んでも、熱は下がるどころか、40度近くまで上がり、しかも、それが2日間も続きました。高熱で、鼻の粘膜が弱くなっていたのか、大量の鼻血で、布団は真っ赤、顔も血でベットリ、まつ毛が血でくっついてしまい、母に顔を拭いてもらうまで、目を開けることすら、できませんでした。

そんな状態だったから、危うく「隔離病棟」行きになりそうだったんだけど、私の住んでいる地域の病院の定員がいっぱいだったみたいで、運良く?自宅療養となりました。
1週間後、無事に回復して、最初に受験した高校も、その後受験した第一志望の高校も、無事合格できました。

「感染列島」という映画を見て、当時の自分の体験を、思い出しました。
「インフルエンザでも、激しく出血するんだ」と。

このとき、たまにブログに書いている、「臨死体験」をしました。お花畑ではなく、銀河系のような景色が見え、天井に、自分が、貼りついている感覚になりました。

よく考えてみると、ヘミシンクに興味をもったきっかけとなる出来事なのかな?

他人の力を借りないと、目を開けることもできない、たったそれだけのことですが、15歳の私にとって、とても心細かったです。「このまま目が見えなくなったら、どうしよう」と。

「隔離」や「停留」を経験された方々は、さぞかし辛い体験だったのでは、と、当時を振り返りつつ、思いました。

病気になることは、恥しいことではありません。今までの体制では、事情聴取攻めに遭うから、発熱外来・医療機関に行くことそのものをためらってしまう方々もいたかもしれません。どこでうつる(うつされた)か、思い当たらない場合もあると思います。

「未知の新型」であったということで、注意喚起を促すという観点から、少々オーバーと思われる政府自治体の対応、マスコミ報道も、一定の効果はあった、という専門家もいらっしゃるので、なんとも言えませんが。

病気は、早期発見、早期治療が大事なのですから、報道は、重要な点だけにして(流行地域、予防法、かかった場合の医療機関の利用方法等)、不安のある方が相談しやすい体制を整えていただきたい、と、思います。

2009年5月10日 (日)

レーシック3ヵ月検診

9日は、レーシックの3ヵ月検診に、「ナチュラルビジョン高輪クリニック」に行きました。
本当は、8日に予約を入れる予定だったのだけど、私のいとこが、適応検査を9日に受ける、というので、同じ日にしました。

起きている間は、ほとんどパソコンの前にいる、という生活を、2ヵ月前より続けていましたが、視力は、前回と同じ、両眼とも1.5をキープしています。
起床時のみ、まばたきしづらいという、ドライアイの症状は少し残っていますが、その他は、特に異常はないとのことでした。

「他に気づいたことはありますか?」と先生に聞かれたので、
「以前は、コンタクトを外したり、メガネを外すことが『就寝時の儀式』で、視界がぼやけたら、することがないので、眠たくなったのですが、今は、お酒を飲んでも、全然眠れないのが不思議」と話しました。

視力が良くなったことで、手術後しばらくは不眠の症状が出ることもまれにあるようです。
そこで、ドライアイ用の目薬の他に、眼の緊張をとる目薬(眼底検査に使う散瞳剤です。レーシックの適応検査でも使用します。)を処方していただきました。

この目薬、とてもしみるのですが、点眼後、10分後に本を開いたら、文字がかすんで見えました。この時は、「本当に視力は戻るのか?」少し不安でした。

そのおかげか、いつもより早く眠ることができたし、朝起きた時は、ちゃんと本も読めるようになったので、ひとまず安心しました。

「こんなこと話したら笑われちゃうだろうなぁ?」ということにも、ちゃんと耳を傾けてもらえて、適切に対応していただけたので、とても嬉しかったです。

2009年2月26日 (木)

レーシックのクリニック選びで重要なこと

仕事帰りにいつものように岩盤浴に行こうとしたら、母から「まだレーシックをして2週間なんだから、岩盤浴はやめなさい!」というメールが…
銀座眼科のレーシック手術で、集団感染があったとのことで、動揺していたみたいです。でも行っちゃいました。チケットがまだ大量に余っているので…

私は、ハードコンタクトの使いすぎと、アレルギーによる角膜炎に過去数度なったことがあったので、角膜炎の辛さもわかります。ステロイドとか点眼しないと治らないし、それがイヤで、レーシックを受ける方も多いと思うのに、それで角膜炎をもらってしまう、とは、なんともやりきれない話です。

器具の衛生管理(ディスポ製品を使う、消毒・滅菌を徹底する)は、一番大切なことだと思うのに、そこを怠るとは、全くひどい話です。

同時に、私がレーシックを受けたことを知っている人からも、「どこで受けたの?」という心配してくれたメールが相次いだので、レーシック専門サイトの方で、受診したクリニック名を公表するつもりでいましたが、この際、ここで、公表しちゃいます。

ナチュラルビジョン高輪クリニック」です。

ホームページをご覧になった方、なかなかセレブっぽくて、オシャレな感じがするクリニックですよね。
でも、セレブっぽいのが受診を決めた第一の理由ではありません。

ここで手術を受けようと決めたのは、院長先生が眼科専門医で、診察・手術をすべて1人の先生が担当する、という点です。クリニックは新しいですが、院長の症例数が多いのも、決め手となりました。私が受けたのは、iLASIKで、一般価格で両眼で36万円なので、銀座眼科の3倍以上なんですが、サービスに対して、高いとは思ってはいません。
むしろ、このくらいの価格でないと、コスト面からは、安心できないと思います。

iLASIKで使用するVisx STAR S4 IRという機械は、メンテナンスに多額の費用がかかるので、手術費が高くなってしまう、らしいのです。

カウンセラーのカウンセリングも、先生の説明会、診察での説明も、心がこもっているような感じで、親切丁寧なんです。手術室の環境や、機械類についても、詳細な説明がありました。手術前は、ほとんど何があるのか見えない状態だったから、事前にどんなものがあるのか、分かってると、安心して手術室の中に入れます。

眼を閉じなくする器具(開瞼器)の装着も、フラップの作成も、気づいた時にはすでに終わっていた、というくらい、スムーズだったのには、ビックリです。レーザーの時間が、片眼につき、約50秒と、他の方よりも長かったので、眼を動かさないように、ずっと気をつけていなければならなかったのが、少し辛かったです。

もう少しで、手術後20日ですが、2種類の目薬を1日5回点眼しています。今のところ、ドライアイはありますが、感染症はないようで、ホッとしています。
見え方も良好で、使い捨てコンタクトの視界よりも、ハロ・グレアがないのには、驚きです。

こうした医療技術を、安全に受けられるような体制づくりが、重要だと考えさせられました。私は、よいクリニックを選択できて、本当にラッキーだったと思います。

2009年2月21日 (土)

レーシック後初めての日常生活

会社は、社員数は多いのですが、アットホームな社風で、同世代の社員が多く、みんな、お互いの名前と顔が分かります。同僚も、レーシックに興味を持っている人が多いみたいなんだけど、実際に受けてきたのは、私の知る限りでは、第1号みたいです。顔を合わせるたび、「どうだった?」と、感想を求められるのには、ビックリです。

いとこも検討中とのことで、電話で体験談や、いろんな相談を受けていました。
遠方に住んでいたり、子育て中とか、みんな忙しくて大変みたいです。

レーシック後の感想、一言でいうと、「よく見えるようになったけど、まだ視力に脳が追いついていかない」という感じ。本当に、色鮮やかにいろんな物が見えるのは、楽しいんだけど、慣れるまでの辛抱みたいです。

「いきなりできなかったことができるようになると、脳が疲れる」と眼科の先生がおっしゃっていましたが、その通りです。会社では、自分のペースで仕事ができないので、自宅のパソコン作業よりも、疲れます。もともと睡眠時間が短いので、夜は早く寝ることもできず、目を閉じて、音楽を聴くなどして、週の前半は過ごしました。

「インターネットや読書をやりたいのに、思うようにできない」というのが正直なところで、少しウツっぽくなってしまい、実は先週より、SS○Iを服用してますが、やはり効果はあるようで、だんだん前向きになってきています。私の場合、事前に眼科の先生より、許可をもらって服用をしています。レーシックの前後で、薬を服用しなければならない場合は、必ず、双方の先生の許可をもらってからにして下さいね。

水曜日あたりから、やっとテレビを見る気が起きて、WBSとか、経済ニュースも見る気になりました。よく、「近くが見えにくい」とか、いわれますが、私の場合は、そういうことではなく、明るすぎるのが苦手みたいです。

週末は、レーシックの許可を出してくれた、主治医の先生に、お礼を言いに行きました。昨年よりも、花粉症の症状が強く出ているので、薬を処方してもらいました。
先生も、「僕も、もう少し若かったら、バイクが趣味だし、レーシックをやりたいなぁ」とおっしゃっていました。

それと、レーシック後、初の岩盤浴です。
1ヶ月近くガマンをしていたので、久しぶりに大量の汗をかけて、スッキリしました。
ホットヨガのチケットが大量に余っていて、しかも、来月初めで有効期限が切れてしまうので、それまでは、岩盤浴&ホットヨガの生活になりそうです。
トレード復帰は、それ以降になりそうです。

あと、まだ下書き段階なんだけど、レーシック関連のサイト開設準備をしています。
特に、健康上不安のある方のために、お役に立てるようなサイトにしたいと思っています。

今日も、レーシック経験者で、私に勇気をくれた、「 きくち塾 ネットで稼ぐ最強の方法 なぜきくち塾生はこんなにも早く最短で結果がでてしまうのか?」のきくち塾長さんたちとの、懇親会に出席します。他の運営サイトの更新もぼちぼちなんですが、アフィリエイトは基本を外さなければ、多少サイトの更新をサボっていても大丈夫なようで、成果も上向きなので、この調子で頑張っていきたいと思います。

2009年2月16日 (月)

いよいよ会社に復帰します!

長かったお休みも、日曜日が最終日。

趣味になってしまった、高層ビル展望台巡りのフィナーレは、「六本木ヒルズ展望台」にしました。「東京タワー」と迷ったんだけど、東京タワーだと、タワーの外見が見えないし、六本木の方が、都心寄りで、東西南北まんべんなく見られるので。

レインボーブリッジも、お台場も、ランドマークタワーも、よく見えました。
「スカイデッキ」で、高層ビルの屋上を、満喫しました。屋根がないと、開放感がありますね。風もそんなに強くなくて、ラッキーでした。

甘いものばかり食べていたので、久しぶりにラーメンが食べたくなり、ヒルズ内の「鐵釜」へ。久留米ラーメンなんだけど、まったりこってりしていながら、しつこくない。私好みの塩味控えめなスープで、とても気に入りました。

Tetsugama

また、今日は、LASIKの1週間検診に行ってきました。
視力は、右が1.5、左が1.2と、前回と変わらず、でした。「このくらいの視力で安定するのではないか?」と先生はおっしゃっていますが、まだ、PCをフルに使う生活になっていないため、どうなることやら。

今日から、温泉やサウナ、一般的な運動も解禁となりました。
目薬は、もともと花粉症気味なので、その相乗効果も期待できるようで、炎症止め(手術後に処方されたものとは別のもの)と、ドライアイ対策のものが追加で処方されました。ドライアイ対策のは、1週間につき、1本と、結構な量です。

いよいよ、月曜日から、会社に復帰です。
ほとんど、本とか新聞を読んでいないので、「長い文章」を読んだり作成したりするのは大丈夫か?と、急に不安になっています。

トレードは、まだ相場環境が良くないのと、激しく点滅する画面を見続けるのは、さすがにツラいので、今月中は、自重しようと思います。

2009年2月 9日 (月)

無事、レーシック受けてきました。

まだPC使用制限があるので、手短に皆様へご報告です。

2月8日に、レーシック手術を受けました。
当日は、クレジットカードの暗証番号を押す指が震えるほど、緊張してしまいましたが、無事、手術を受けることができました。

本日、翌日検診だったのですが、左右とも0.04の視力は、一夜にして、右が1.5弱、左が1.2となりました。
まだ、まつげが目に入ったような痛みは、少しありますが、スゴく見えるのには、感激です。iLASIKという最新技術のおかげか、夜間のハロ・グレアも気になりません。

来週あたりから、仕事、ブログ、トレードにフル参戦するので、それまで、待っていて下さいね。

2009年2月 7日 (土)

いよいよ明日、レーシック受けます

いつもは、締め切りに迫られ、やきもきしている月初めですが、今月は、スムーズに業務が進行しました。会社の周りの人みんなに、感謝、感謝です。

いよいよ明日、レーシックを受けます。体はBIGですが、とても小心者なので、ストレスから来るのか、胃腸をやられてしまったようです。

弟(レーシック経験者)とか、主治医の先生とかから、「先生や看護師さんの指示を守って、頑張って!」励ましのメールをもらいました。モンロー研やヘミシンク仲間も、レーシック経験者がいて、体験談をいろいろ話してもらえましたが、やっぱり、チト不安です。当日は、妹が付き添ってくれることになりました。

私がレーシックを知ったのは、実は今から5年前。アフィリエイトセミナーの会場で説明会がありました。でも、その当時は、ストレスからくるうつ状態により、薬を服用しながら、なんとか本業に復職できた直後だったので、残念ながら適応外となってしまいました。
この頃は、まだ、本格的な投資家デビューはしていませんでした。

もともと、クレーム対応は、苦手で、いつも緊張していたのに、「適性あり」と判断されてしまい、ついには倒れてしまいました。それでも、配置換えはしてもらえず、クレーム対応で頑張っていましたが、今度は、耳の症状に悩まされるようになりました。でも、耳のおかげで、念願の、インターネット関係の仕事に専念できるようになったので、「災い転じて福となる」とは、このことなんでしょうかねぇ?

今年は、12年に1度という幸運の年だというので、もともと今年に照準を合わせてはいましたが、昨年の突発性難聴で、一時的にうつ状態に陥ってしまい、悩んでいました。
「トレーダーは眼が命」だと思って、踏み切りました。

5年前と比較して、体調も安定していたから、手術適応となったのだと思います。
みんな口をそろえて「怖い思いは一瞬。あとはコンタクトしない生活で快適」とか言っているので、それを励みにしています。「ユーミン」のコンサートを、裸眼で見るのを一番楽しみに待っています。

回復したら(1週間後くらい?)、また、兼業トレーダーとして、トレードもブログも復活しますので、それまで待っていて下さいね。

デザインの才能はあまりないけど、担当するECサイトで、アフィリエイト導入プロジェクトに参加することで、うつ状態を克服することができたし、「メンヘル」の影響で、レーシックを躊躇している方も多いと思うので、そういう方にとって、励みになるような、レーシックの専門サイトを作成してみたいと思います。

おすすめ証券会社

楽天証券
オンライントレーディングソフト
「マーケットスピード」が好評!
SBI証券
手数料で比べるなら、やっぱりSBI証券。IPOもFXも好評です。
カブドットコム証券
自動売買・kabuマシーンが好評!預かり資産があれば非前金制も選択可能。

FX会社

外為ジャパン
時間成行注文OK!仲値トレードに便利です

ALL外為比較