2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入り

うれしいたのしいしあわせ日記
ロビと仲間たち
*FXで夢ある未来*
新・脱サラ女sarahのFX日記★☆★what a wonderful FX life★☆★
為替千里眼
子育てしながらFXで経済的不安を解消する方法
FXの王道【羊飼いの外国為替FXブログ】
金持ち母さん貧乏母さん

マイサイト

ゴールデンキャットのヘミシンクでGO!


blogランキング

人気ブログランキング/ブログランキング・にほんブログ村へ
ご支援よろしくお願いします♪

アクセスランキング

興味のある本、CDなどここから検索、購入できます!

おすすめアイテム

ドクターシーラボのスキンケア トライアルキット

10Lまで揃う! ニッセン

使い捨てコンタクトを速配!

2010年2月 9日 (火)

週末観た2本の映画

週末は、土曜日は、「アバター」を観ました。

噂にたがわぬ、美しい3D映像に引き込まれてしまいました。先端技術を駆使した「アバター」が、大自然に遭遇することにより、さまざまな試練を乗り越えていく、というストーリーなんですが、自然とのかかわり方、愛する心の大切さなど、壮大なテーマが隠されている作品に思えました。いろんな観点から、鑑賞できる多面的な作品、というのが、私の感想です。

日曜日は、「抱擁のかけら」を観ました。スペイン語を専攻していたこと、近所のレストランに、映画のポスターが貼ってあったので、興味をそそられました。
「ペネロペ・クルス」というのも、ますます私を駆り立てました。

一言でいうと、「夢のために、私は恋愛を選択した。でも、愛するにも、愛されるにも、それは試練を伴う。主演女優としての地位と引き換えた私の人生は…」といった、複雑な、光と影が交錯するストーリーです。

ほとんどの映画評論は、ヒロインのペネロペ・クルスの相手役の、映画監督の視点から書かれていますが、私だったら、ペネロペ演じる「レナ」の立場から、このような視点で、評論を書くと思います。

スペイン人って、陽気で単純明快って感じですが、男性の、愛情表現は、イタリア人と同様、とてもマメです。普通の会話でも、「君の黒い瞳、まっすぐな髪、シルクのような肌…」というように、迫ってきます。

「抱擁のかけら」おそらく、かけらというのは、「苦しい恋愛の記録」である写真を、破いた、その「かけら」を指しているのだと私は思います。せつないタイトルです。

設定が、14年前と現在と行ったり来たり、人間関係も、複雑ではありますが、松浦美奈さんの、飾りのない、日本語として自然な表現の字幕で、すっきりと頭に入っていきました。
彼女の字幕のデビュー作は、ポルノ映画とのことですが、だからなのか、とても訳がハマっていました。Perfectamente!です。

スペイン文学、ラテンアメリカ文学って、意外と、複雑で、影のあるストーリーのものが、多いように思います。。

「ラテン系」って、意外と悩みながら、人生と向き合っている人が多いみたいです。

2008年7月 2日 (水)

映画の日

昨日は、久しぶりに映画に行きました。
「ラスベガスをぶっとばせ」というタイトルの映画です。
会社の近くの「ユナイテッドシネマ 豊島園」は、上映時間が遅くなかったし、1,000円で鑑賞できるから、つい行ってしまいました。

女性の方は、水曜日も、「レディースデー」で、1,000円で鑑賞できますよ。

FXのカリスマトレーダー、鳥居万友美さんが、「投資にも参考になるかも?」という感想を、メールマガジンでされていたので、興味を持って、鑑賞しました。

MITの学生が、メディカルスクールへ行くための多額な資金を、ラスベガスのカジノで調達しよう、というお話ですが、「目標のために、効率よく資金を増やしたい」という一心で、ブラックジャックと出会い、その才能を自覚してから、人生が変わり始め......というあらすじ。

なんとなく、今の私とオーバーラップしています。

実は、先月は、似たような状況で、FXは無敗(1日おきくらいにトレード)、日経225miniは、11勝2敗、という好成績で終えることができました。

そのツケは回ってくるものなのか、7月は、どちらも少額ではありますが、負けスタートです。でも、「熱くならずに、勝っても負けても、引き際はスマート」にできるようになってきたのかな、と思います。

最近、始めたアフィリエイトの塾ですが、塾内のコミュニケーションが活発で、とても気に入っています。まだまだ「ラスベガスに行けるほど」儲かってはいませんが、楽しみながら、気長にやっています。

まだ7月も始まったばかり。FXも日経225miniも、引き続き頑張って行こうと思います。

2008年1月15日 (火)

日経平均、1万4000円割れ

相変わらず耳の状態は良くないのですが、NHKのニュースで「日経平均、1万4000円割れ」というのには、ビックリして反応してしまいました。

パソコン2台でトレードしているのですが、FX専用のレッツノートを何気なく見ると、すごく円高になっているではないですか?
Vistaのラヴィは、常にマーケットスピードを起動させていて、夜中にダウやナスダックを確認するのに使用しています。常時150銘柄ほどウォッチしています。
画面は前日比マイナスの緑色ばかりですが、最初に購入した「スタバ」は54,500円の前日比1,000円高でした。

髪の毛を切ったけど、ドル円も、思い切りショート!しました。
普段、ショートはあまりやりませんが、朝のFX-max Dailyでのトレードと合わせて、約100pipsの勝利でした。カリスマ投資家には及ばないけど、なぜか、1月に入ってマイナスの日はありません。

会社の空気は乾燥しているみたいで、勤務中は「耳が聞こえづらく」なり、とても辛いです。電話が多い部署なので、他の人の会話が耳に入り、気が休まりません。家では、やかんでお湯を沸かしたりして、空気が乾燥していないから、少し耳の聞こえも戻るのです。

こんな体調なので、トレード時間も、超短時間(ショート)なのです。
ワタクシ、大部分のトレーダーさんと異なり、なぜか体調が悪い時の方が、パフォーマンスがいいみたいです。晩酌しないから、なのでしょうか。
毎日30分位のトレードで、円高でも、円安でも100pipsゲット!できるよう、腕を磨いていきたいと思います。

2007年12月10日 (月)

ノー残業って、素晴らしい!

私以外の同僚も、意見は違えど、会社の方針に、不安な気持ちでいる、ということが分かり、「私だけじゃないんだ」と、少し安心しました。

あまりに頭にきていたので、上司に、女性下着メーカー「トリンプ」で、数々のノー残業対策、業務改善を行ってきた、「吉越浩一郎 」さんの本を紹介しました。

上司から、メールで「偶然、(自分が購読している)メルマガで、吉越さんが、今日から残業について連載をする」という返答がありました。「残業は悪」みたいな内容だそうです。
不思議なシンクロニシティですが、上司もネコを飼っているというのも、偶然です。

366日の誕生日の占いがすべて掲載しているものを読んだら、父と母は、お互い「運命の人」だとか。私と弟は、「ライバル」だとのこと。なんとなく、当たっていて面白かった。
あの上司とは、どうなんだろう。と、ふと考えてしまいました。誕生日占い、意外に当たってると思います。私、ケンタッキーフライドチキンが大好きなのですが、創業者の「カーネル・サンダース」と、誕生日が同じです。ということは、企業家として、成功できるのかも?

吉越さんは、ファッション関係のお仕事をされていただけあって、どことなくダンディ。熱血だけと、あたたかみのあるリーダーに、女性は魅かれるものです。
トリンプの場合、女性社員が多いから、ノー残業が受け入れられやすいという事情もあったのでしょうが、「ノー残業」といえば、「トリンプ」というイメージを定着させたのも、スゴイです。

週末は、映画のレイトショーへ。「クワイエットルームにようこそ」を鑑賞しました。
松尾スズキさんって、とても多才な方なんですね。小説も書く、シナリオも書く、劇中の振り付けまでやってしまう、マルチな才能にビックリです。

内田有紀さんと、大竹しのぶさんの迫力ある演技、りょうさんの、冷めた看護師役も、なかなかでした。
なんとなく、主役の「明日香」の気持ちが分からないでもないですね。仕事に追われた結果、薬物依存になり、結果、病院送りになってしまった、明日香はかわいそうです。さすがに、睡眠薬を節分の豆のようにまき、缶ビールでそれを飲む、なんてことは私はしませんが、「自分が同じ状態なら、何かに依存しただけでは解消できないから、この世からフェードアウトしたい」と考えてしまうと思います。
こういうのが、「うつ状態」ってものなのでしょうか?

2時間映画鑑賞をしたのに、いつもの座席指定の電車に間に合い、帰宅することができました。2時間早く仕事を終えるだけで、1本映画が鑑賞できるのですよ!

1週おきくらいに映画鑑賞していますが、英語耳の養成になるかな?と、洋画を中心に見るようにしています。最近は、「バイオハザード3」を見ました。私は、砂漠のシーンはあまり好きではないので、個人的には、都会的な前作の方が、好きですね。

土日は、近くのファミレス、デパートに買い物に行く以外は、休んでいました。
口角炎に良さそうなので、チョコラBBプラスも、ついでに買ってきました。
300円のローヤルゼリー入りドリンク剤を、愛飲していたのですが、どうも、効き目が感じられないくらい、疲れていたので、ビタミン成分の多い、錠剤を試してみることにしました。

毎日2時間あれば、トレードの下調べもできるし、資格試験の勉強にも充てることができるし、どのように時間を有効活用できるか、今から楽しみです。

2007年6月 9日 (土)

日経225miniで11勝4敗

日経225miniを始めて早1ヶ月。パフォーマンスは、相撲ではないけど、ちょうど15トレードで、上記の成績。IPO、FXを除くと、初めて自分の残業代を抜きました。
残業0時間、じゃなく、キチンと人並みに?やっています。
これで、クンルンネイゴンレベル2の参加代も、なんとかなりました。
後は、今月半ばに発表の、シフトを待つばかりです。

最近は、ダウの順張りでやっています。ダウが上がれば、買い、下がれば、売り、です。
でも、ダウが上がったが、ナスダックは下がった、など、米国株指数が一致しない場合は、シカゴ先物市場(CME)の日経225先物の価格を参考にしています。

好調なminiとは裏腹に、IPOがサッパリ当選しません。気合を入れて臨んだ「カービュー」も、補欠が多かったといわれているけど、補欠もなし。

来週は、「マネーパートナーズ」に期待しております。私と相性のよい、日興コーディアルの久々の主幹事だから、特に楽しみです。

でも、ここのFX口座は、まだ開設していないです。通貨ペアがもう少し増えるといいと思うのですが。というのが個人的感想。だいまんさんのコーナーは、大好きで、毎日読んでいます。FXCMJと並んで、ログイン前のサイトの充実度は高いと思います。

実技?は、好調だけど、CFPの「金融資産運用設計」の勉強をしないまま、明日が試験日になってしまいました。

参加賞だけど、次につながるように、しっかり受験してきます!

2007年2月25日 (日)

マリー・アントワネットな生活

今日は、近所のシネコンへ、「マリー・アントワネット」を観に行ってきました。
現実離れした豪華絢爛な衣装と、おいしそうなケーキ。夢の世界に引き込まれてしまいました。

朝、会社の方からいただいた、中国の「工芸茶」というお茶を飲みましたが、映画のシーンでも、そのお茶を飲むシーンがあり、「これは、シンクロニシティだ!」とビックリしてしまいました。お湯を注ぐと、丸く固まった茶葉から、花が開きます。飲み頃になるまで、見ていても楽しいお茶です。香り高くて、味わい深いお茶です。

女性なら一度は、「あんなきれいなドレスを着てみたい」と思うかも知れないけど、あれが毎日なら、とても窮屈そうです。
ゴールデンキャットは、「毎日、ケーキを食べる」という点は、アントワネットに近いかも。必ず、プリンやクッキー、チョコレートなどを食後に食べます。食べないと、落ち着かないんです。

でも、どうしてアントワネットはスマートなのかしら?うらやましい限り。

前半は、子宝に恵まれない件で、マリー・アントワネットは追い詰められていました。柳澤厚生労働大臣の「健全」発言を思い出してしまいました。

後半は、あの「フランス革命」のシーンが登場。誰もが知っている悲劇の直前で、映画のストーリーは、ここまで!となりました。

映画の予約は、「ワーナー・マイカルのオンラインチケット 【e席リザーブ】」で。観たいと思った時に、スグ予約できます。

2006年10月11日 (水)

映画漬け

最近、「えいご漬け」、かつ「映画漬け」な日々を過ごしています。

まず、「ワールド・トレード・センター」。
2001年9月11日、あの世界貿易センタービル事件で、救助活動で2次被害に遭い、奇跡的に救助された港湾警察官の上司と部下のお話。苦痛に耐えながら、愛する家族のために、お互い励まし合って、救援を待つ時間を主に描いています。苦痛からの解放されたい気持ちから「死」への誘惑に乗りかけたが、愛する家族のために、なんとしてでも「生」き抜くという強い意志が感じられました。館内では、「すすり泣き」が聞こえてきたほど。私も、思わず涙をぬぐってしまいました。

次に、「涙そうそう」。
大ヒット曲、夏川りみの「涙そうそう」をモチーフとした映画。
妻夫木聡演じる洋太郎の、何度も逆境を乗り越えてきた強さと、長澤まさみ演じる妹カオルへの愛情。洋太郎の恋人との別れと意外な形での再会、突然の悲劇など、今までの日本映画のストーリー展開では考えられなかった「超悲劇」です。
「ワールド・トレード・センター」が重苦しいけどハッピーエンド、なら、「涙そうそう」は、沖縄のさわやかな風景が、悲しいストーリーをいっそう悲しく見せているようで、見ていて辛かったです。さすがにヒット曲をモチーフとしていただけあって、エンドロールも最後まで見ている方がほとんどでした。
何といっても、妻夫木聡、どんな役でも、「超カッコいい!」

最後に本日の映画、「イルマーレ」。これが一番気に入りました。
予告編を見た瞬間から、ビビッと来て、「行きたい!」と思ってしまいました。

私は、モンロー研究所の「ヘミシンク」CDを聞きながら、未来からのメッセージなどを、ガイドからもらうことがあります。
なので、2年の月日のすれ違いで、お互いの心情を文通する、という場面設定が、現実的に、「なんとなくわかる」ような気がしてなりません。

私が映画監督なら、「2年後を生きる彼を追いかける」ストーリーの「逆イルマーレ」を作ってみたい?です。

英語の、セリフがシンプルで、いつもより「英語のまま理解できる」感じがしました。
映画のセリフと字幕を見比べるのも、私にとって、楽しみの一つです。

学生時代は、「ローマの休日」「カサブランカ」のシナリオを使って、自分なりに翻訳したり字幕をつけたりする授業がありました。だから、字幕に頼る、というよりは、ついついシナリオと比較しながら鑑賞してしまいます。

今日の松浦美奈さんの字幕は、「ストレート」な感じで、自然体なのがヨカッタです。「戸田奈津子」サンだったら、どんな字幕なんだろう、って、想像してしまいました。

「戸田奈津子」さんの字幕は、「ああ、うまい言い回し」っていう感じ。字幕そのものが「芸術作品」だと思います。でも、字幕が主張しすぎず、また、この分野の第一人者だし、憧れでもあります。

2年前、主人公(女医)の目の前で交通事故死したのが、文通の相手という設定です。ラストの場面で、仕事を依頼した建築家の兄が、彼女の文通相手であると判り、2年前の事故を思い出し、彼の死を避けようと、必死で運命を変えようとしています。

「変えられるものなら、運命を先に知る」というのは、よいかもしれないけど、私的には、「変えることができないのなら、知らない方が幸せ」、ということもあるのかな、と、思います。

病院で検査を受けたのですが、検査後の痛みも和ませてくれる、「癒し系」サウンドだったし、やっぱり「イルマーレ」最高!

2006年8月23日 (水)

ハードスケジュール

少し前まで、週末のアポイントなどほとんどなかった私。
それが、この頃、アイドル歌手並み?のハードスケジュールになりました。
もちろん、合間には、FXが中心ですが、トレードも行っていました。
ドル円ロングポジションが、巻き返してきました。ラッキーです。

先週の土曜日は、本作りの仲間たちと、「薔薇の名前」という映画を鑑賞しました。
今年話題の「ダ・ヴィンチ・コード」と通じる点があるということ、本が映画の中でキーポイントの役割をしている、ということで、鑑賞をしました。

やっぱり、謎解き映画でしたね。「薔薇」というのは、映画を最後まで観ないと、何を意味するのか分からない。それが、「ダ・ヴィンチ・コード」の「聖杯」と通じるところがあるんですね。
以前は、映画鑑賞や、謎解きは、苦手でしたが、だいぶ、ストーリーを追うことに慣れてきました。これも、ヘミシンクで、想像力を養っているおかげかも?

また、先週は、「ゲド戦記」も見ました。スタジオジブリ作品にしては、あっさりとしたストーリー展開に感じました。風景画が、とてもアニメの絵とは思えないほど、色使いが繊細です。「心と体」について、考えさせられるストーリー。この映画を通じて、「命の大切さ」や、また、「生きることの意味」とは何か、いろいろ考えてしまいました。
体外離脱の経験のある方などは、この映画の世界に浸りやすいかも?と思いました。
私も、15歳の冬、天井に貼り付いて、自分の寝姿を見ていた、という経験があります。当時は、もちろん、ヘミシンクなしでした。今は、体外離脱した、と感じるのは、ヘミシンクを使っても、1ヶ月に1回あるかないか、ですが。

最後に、テルという少女が、竜となり空を駆けめぐるシーンがありました。
お盆に、クンルンネイゴンのフォローアップセミナーに出席しました。以前、クンルンネイゴンのレベル1に参加したとき、講師のマックスより、彼の著書にサインをしてもらいました。サインには、こうありました。
「ホワイトドラゴン~」

私は、白竜なんだ。ずっと、金猫だと思っていたが、違うんだ!?
白竜がどういう意味をなしているか、スピリチュアル系の勉強をし出したばかりなのでよく分かりませんが、なんか、特別な意味のある言葉だと思いました。
と、同時に、ゲド戦記のテルと印象がかぶって、うれしくなりました。
どなたか、白竜についてのコメントをいただけたら、うれしいです。

2006年8月16日 (水)

デイトレのまとめ

本日は、夏季休暇の最終日。月・火とデイトレをやってました。明日からは、株のデイトレはできなくなっちゃうので。
結果は、ビックカメラ○、SBIイートレードはスイングで○、ソフトバンクXでした。
持ち株は、いずれも◎。すべて一目均衡表では、「雲」に突入したので、これからが楽しみ。

為替の部は、ユロポン、ユロスイは○、ドル円は様子見です。いずれもロングポジション。

IPOは、アルクの抽選、野村、イートレ、ジョインベスト、いずれも×でした。

本日は、というと、親知らずを抜歯したため、デイトレはお休みしていました。
ゴールデンウィークといい、長期休暇になると、体調を崩してしまう、ということが続いていて、ブルーな気分です。
意外に簡単に抜けて、ヨカッタ。前回は、1時間位かかったので、あっけない程です。
午後から、具合がよくなってきたので、ブログを書いてから、「ゲド戦記」を観に行きます。
すでに観た友人たちが「いいよ」って言っているので、楽しみです。
歯医者さんの前が、最近できたシネコンなので、映画を観に行く機会も増えそうです。

2006年7月24日 (月)

NHKでも「うつ」特集

最近、メンタルヘルスの話題を扱った雑誌の記事やテレビ番組が増えてきたような気がします。本日も、今、NHKの「女性のうつ」という番組を見ながら、このブログを書いています。「うつ」や「メンタルヘルス」「ストレス」といった分野の本も、書店でよく見かけるようになったので、この分野についての話題も、一般の方でも関心を持ってもらえるようになってきたのだと思います。

番組では、精神科医の加茂先生が、「最低でも1ヶ月会社を休んだ方がいい」とおっしゃっていましたが、私の場合も、1ヶ月ちょっとだったので、やっぱり、堂々と休職してよかったなと考えています。休職期間は、ドクターと相談した上で決めました。
何も考えず休養することで、「体を治すためには、どうすればよいか」を考える気力も回復してきました。経験した方でないと分からないと思うけど、本当に、頭や感情の働きが、自由にならない、といった状態に最悪な時期は、陥ってしまいました。
今では、「多少疲れやすいかな」という感じはありますが、ほぼ元気な頃の生活と同じ状況で生活しています。

お客様相手の仕事は嫌ではなかったけど、それは、嫌ではなかったふりをしていた、ということに、自分が倒れた時、やっと気づきました。ストレスに耐えすぎて、心にある堤防が決壊したようでした。責任感が強くて、どうしても、自分の力で、クレームを何が何でも解決したい、お客様によりよいサービスを提供したい、という仕事上の義務を全うしたい、そういう気持ちが当時は強かったのだと思います。

仕事、というよりも、いろいろな資格取得に全力を注いでいました。資格といっても、司法試験などの難関資格ではないけれど、それぞれ、半年から1年程度、勉強を要するものです。大学受験で、第一希望の大学へ進学できなかったコンプレックスが、私を資格取得の道へ駆り立てました。

コールセンターで仕事をしていた当時は、大学時代からの夢だった、マイクロソフトオフィシャルトレーナー(MOT)の資格を取得しました。また、コールセンターでは、個人情報を取り扱ったり、ネットワークシステムを構築したりする必要があるので、情報セキュリティアドミニストレータも取得しました。
仕事のステップアップの為に取得した資格ですが、予想以上に短期間で取得できてしまったため、次の目標が定まらず、「燃え尽き症候群」となったのも、うつの症状に拍車をかけてしまいました。

今でも、何か資格を目指していないと、落ち着かないので、完全な「資格取得依存症」で、それでは良くない、と思うのですが、その後、またまたAFPの登録も済ませました。でも、金融商品の選択法や、有利な生命保険の見分け方などを身につけることができたので、それはそれで、よかったです。

次の目標は、よく分からないけど、資格に限らず、自分の興味のある分野の知識を幅広く習得していきたいと思っています。

ヘミシンクは、本来、病気治療用のものではありませんが、ドクターが「音楽が好きだったら、これでも聞いてみれば?」と診察室で聞かせてくれて、大好きになりました。
ここから、どうやら、「透視」と「投資」に興味が湧いてしまったみたいです。
ヘミシンクのおかげで、新しい友人もたくさん増えたし、「うつ」になってみて、新たな分野にもチャレンジできて、振り返れば、よかったかも、と思います。

より以前の記事一覧

おすすめ証券会社

楽天証券
オンライントレーディングソフト
「マーケットスピード」が好評!
SBI証券
手数料で比べるなら、やっぱりSBI証券。IPOもFXも好評です。
カブドットコム証券
自動売買・kabuマシーンが好評!預かり資産があれば非前金制も選択可能。

FX会社

外為ジャパン
時間成行注文OK!仲値トレードに便利です

ALL外為比較