2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

お気に入り

うれしいたのしいしあわせ日記
ロビと仲間たち
*FXで夢ある未来*
新・脱サラ女sarahのFX日記★☆★what a wonderful FX life★☆★
為替千里眼
子育てしながらFXで経済的不安を解消する方法
FXの王道【羊飼いの外国為替FXブログ】
金持ち母さん貧乏母さん

マイサイト

ゴールデンキャットのヘミシンクでGO!


blogランキング

人気ブログランキング/ブログランキング・にほんブログ村へ
ご支援よろしくお願いします♪

アクセスランキング

興味のある本、CDなどここから検索、購入できます!

おすすめアイテム

ドクターシーラボのスキンケア トライアルキット

10Lまで揃う! ニッセン

使い捨てコンタクトを速配!

2013年4月26日 (金)

私のFX復帰をあと押ししてくれた本

やっと、体調も戻りつつあり、FXに本格復帰を決めました。
が、勘が鈍ってしまったので、丸善ジュンク堂渋谷店で配本カートに乗っていた本を、
思わず購入してしまいました。Amazonキャンペーン実施を知ってはいましたが、つい、フラゲです。

これから購入の方は、是非Amazonで。

『FXで月100万円稼ぐ私の方法』

主婦でありながらトレーダーの鳥居さんの新刊がダイヤモンド社より発売されました。

通算5冊目のこの本では「初心者に分かりやすく」をテーマに、FXを楽しみながら利益を出すことについて書かれています。

鳥居万友美さんの原点の書とのことですが、私も、この本の初版を読み、FXに参入しました。

レバレッジ規制の変更など、制度的にも、環境的にも初版時と大きく異なっていますが、今回のリニューアル版は、原点のわかりやすさはそのままに、時代に即した、「全く新しい本」といっていいほど、新しい手法もわかりやすく解説されていて、内容もパワーアップ。

1日2~3時間、パソコンに向かいながらサラリーマンや主婦でも気軽に行える外貨投資としてFXを紹介しています。

4月26日から28日まで3日間の「キャンペーン」を開催中!

この期間中に書籍購入などで「特典」が貰えます!!!

以下のページから購入後に特典申請できます。

『FXで月100万円稼ぐ私の方法』(ダイヤモンド社)

http://www.fx-mayumi.jp/amazon2013/

※特典満載のAmazonキャンペーンは4月26日からと4月28日(金)の3日間のみです。

ゴールデンウィークに、みなさん、一緒にFXの勉強をしましょう!

2011年9月18日 (日)

なぜか、TOEICに夢中

実際にTOEICの勉強をし始めたのは、昨年の3月10日。中村澄子先生の「TOEICスコアアップ135のヒント」を偶然書店で立ち読みしたこと、からでした。
趣味の外国投資にも活かせたらなぁ、というのも、ありました。

ただ、TOEICは、「慣れ」が必要な試験と聞いていたので、その「慣れる」ことをこの1年の課題としていました。例えば「リスニングで聞きもらしがあっても、動じない」とか、「何が何でも、200問まで解答する」とか…。

事実、昨年なんかは、Part2の途中で、「もうアカン…」と投げやりになってしまったこともあったけど、今年は、淡々と、2時間集中して受験できるようになりました。

それと、私の中で、大きな変換点となったのが、今年の3月11日。

連日の余震と、放射能関係の恐怖をあおるようなニュースは、正直言って耳を塞ぎたい。でも、身を守るためには、報道に頼らざるを得ず、どうしていいのか…

ただ、どのくらいの数値なら安全なのか、とかは、事実が伝わっているとも思えないし、現代の学問で完全に解明できているものとも思えないから、ますます不安なのです。

あの日以来、「英語の勉強をすれば、悲しいニュースが流れない、日本以外でも不自由なく暮らせるようになるのかな…」と、朝も前と比較して、2時間早く起き、各駅停車に乗り、音楽を聞くことは止め、英語のリスニングをするようになっていき、TOEICの勉強をすることで、現実逃避をするようになっていきました。

朝が早いから、夜に通っていた、速読教室は、本棚にしばらく近寄れなかったということもあり、次第に疎遠になってしまいました。
そろそろ、再開したいとは思っているんですけど…。

ただ、TOEIC受験仲間は、親切な方が多く、ツイッターやmixiで、気軽に質問に答えてもらったり、励ましたりしてもらえるので、勉強するキッカケは後ろ向きなものだけど、結果としては、話題を共有できる仲間を見つけられたので、それはそれでよかった、と、思います。

本題の投資は、というと、日本株がイーブンで来ているので、今はそれほど動かさなくてもいいかなぁ、という感じで、積極的に静観、といった感じです。

ただ、チャンスが来たときのために、たまにチャートやパンローリングの本などを復習して、好機を待ち構えている、そんな状況です。

次回TOEICは、間があいてしまうのですが、11月を目標としています。

前回は、リスニングでベストスコアが出せたので、今度は、両方とも記録更新を狙って、上級者枠への昇格を狙っています。

2011年6月18日 (土)

今年も株主総会シーズン突入

ついに6月中旬、3月決算企業の株主総会シーズン突入です。

今年は、有給休暇は取れるのですが、肝心の所有している企業の日程がバッティングしてるので、3社の出席を予定しています。家族も同じ銘柄を保有しているので、分担してなるべく多く、参加できるよう、スケジュール調整しています。

昨日は、ドコモ(行けませんでした)でしたが、ちょっとショックな発表がありました。複数キャリアで切磋琢磨してもらった方が、ソフトバンクにもいい刺激になるので、是非iPhoneをやってほしかったのに、残念です。KDDIに期待してます。

ソフトバンクは、他社(国技館に行きます)とバッティングしてるので、オンデマンド配信で今年はチェックする予定です。

iPhone、iPadといっしょに、株主総会に行けるのも、今回が初めて。

話題は変わりますが、ココログのiPhoneアプリ、カテゴリーの選択とか、PCの管理画面より簡単で、ずいぶん使いやすくなりました。

これからは、iPhoneから記事の投稿が増えそうです。

2011年6月14日 (火)

「きっかけを作る」ということ

先日は、FX友の会に参加させていただきました。

主催の奈那子さんが大阪の方なので、ツイッターなどで交流はあっても、実際にお会いするのは初めてで、とても緊張しましたが、参加者の皆さんがアットホームで、とても楽しいひと時をすごすことができました。

ゆんさんバカラ村さんトモラニさん…生でお会いしたいと思っていたトレーダーさんと、いろいろお話をさせていただき、感謝しています。

勉強会の際、大前さんとマークさん、お二人が、「オンタイムで情報収集するには、英語が理解できるようにならないと」と、厳しいお言葉を発していらっしゃいましたが、偶然、英語は、ここ1年間で、毎日勉強する習慣が身についていました。

きっかけは、本屋で、中村澄子先生の「新TOEICテスト スコアアップ135のヒント (祥伝社黄金文庫) 」という本を偶然立ち読みして、「どんなに勉強しても、母国語レベルにはならないから、一生勉強を続けられるのが、英語、そして、大学でスペイン語をやってたからスペイン語も一緒に…」と思ったことからでした。

肝心のTOEICスコアはサッパリですが、経済指標が前回より良いか、悪いか、結果が今後どのように作用するか、という部分は、UPとかDOWNとかが聞き取れればそれほど問題ないので、情報収集には、TOEICの勉強は無駄になっていないと思いました。

大前さんは、ずっと注目していたトレーダーで、いつかは生でお話ししたいと思っていましたが、今回縁あって、会員制サイトでもお世話になることになりました。

今までやっていたことが、無駄ではなく、すべて何かしらの役に立っている、ということを気づかせてくれた、FX友の会に感謝します。

今後は、FP技能士&通関士試験合格の経歴を活かせるよう、FXを究めていきたいと思います。

2010年12月 4日 (土)

メモることの大切さ

ここ一ヶ月半、速読教室を休んで、取り組んでいたこと、それは、トレードの悪い癖を矯正することです。

ある日突然、FXで勝てなくなって、30連敗を喫してしまったからです。株は、それほどは負けてなかったので、なんとか、投資の世界からの退場は逃れることはできました。

浅田真央さんのトリプルアクセルがバシバシ決まる時は、私のトレードも調子がよく、そうでない時は、ダメなのです。

そこで、ジャンプの矯正ではないけど、トレードの矯正をしてみることにしました。トレードの記録を取って、分析することから始めました。まさに、認知療法です。

分析した結果、いちトレードが、デイトレにしては長めだったので、利確もストップも、5pipsほど広く取ったほうがいいのでは、とか、成行決済のレートは、狙ったところで決まっているけど、エントリーのタイミングが悪く、トレンドに乗れてないから、利幅が狭くなってしまうので、ここぞと思うタイミングまで、待つことを心掛けるように、と、いうことに気づきました。

メモることによって、悪い癖に気づき、修正することができたのか、今は、3勝2敗くらいでできるようになってきました。

チャートは、時間足ごとに、表示するインジケータを変えてみました。分析用の1時間足は、RCIと ADXを表示させ、短時間足は、ローソク足の動きや、値動きに集中できるよう、ボリンジャーバンドと、平均移動線のみ、表示とか、工夫しました。

だいぶ、自分の理想形に近づいてきました。

トレード矯正の訓練は、集中力や判断力を養うのにも良かったのか、久しぶりにいった速読スクールのスコア、落ちるどころか、伸びているものも、いっぱいありました。

これで、やっと、平日夜の速読スクールと、FXトレード、両方楽しめる体制になってきたので、来週からは、どちらも頑張ろうと、思います。

2010年6月27日 (日)

iPhone4と株主総会で超多忙…

6月は、3月決算企業の株主総会が行われる時期です。

多くの株主総会に行けるよう、決算期が異なる企業の株式も保有していますが、やっぱり多いのが、3月決算。

OLでそんなに平日休みが取れないので、土日開催を中心に、今年もいろいろな会社の総会に出席しました。

6/12 マネックスグループ(お土産はステンレスボトル)
株主説明会の村上氏との対談形式で、昨今の世界経済をやさしく解説していただけたのがありがたかった。総会自体は、オリックス証券との合併でスケールメリットへの期待とか、なごやかムードでした。

6/25 ソフトバンク(お土産はお父さんぬいぐるみ)
厳しい質問に対する回答も、なごやかな雰囲気にしてしまうような、機転の利いた応対にさすがだな、と、思いました。おばあちゃんの話が感動的で、思わず涙がこみ上げてきました。来年もまた来たいなぁ、という内容でした。

6/27 松井証券(お土産は象印のステンレスボトル)
今まで、証券会社トップのFXに関するコメントをあまり聞いたことはなかったのですが、松井社長は、レバレッジ規制について「賛成」のようです。後継者に関する考え、社歴が浅くても、ポテンシャルのある人物を重要ポストに登用する理由など、人材育成やコンプライアンスに関するお話がよかったです。

明日は、第一三共の株主総会へ行く予定です。

この間、iPhone4の予約販売で、初日、アップルストア銀座の行列にギリギリで並べず、すぐに地元量販店で予約ができたけど、引き渡しはまだ…
お店が近いので、直接聞きにいったら、「次回納品で大丈夫そう」と言われたのに、一向に納品の連絡はなし。

しびれを切らしたので、今日の株主総会が日比谷だったから、銀座が近いし、予約が携帯電話販売店とは別システムということなので、アポスト銀座で予約を入れました。初めて、青シャツのお姉さんとiPhoneを操作して、予約完了メールがすぐに届きました。予約は、希望機種を伝え、名前(ローマ字)とメールアドレスを入力するだけ、店員に声をかけて、1分で終了。

家電量販店も、同じ予約方式にすればよかったのに、予約段階で、いろいろ個人情報を入力したりするから、行列がいつまでたっても縮まらず、大変な思いをしました。
どうやら、そのお店、サーバー落ちで並んでいて、当日予約システムに入力できないまま帰ってしまって名前だけ書いて帰ったお客様(16日以降に本人確認と端末入力)、先に納品しているみたいで、それが腑に落ちないのです。こちらは、予約システムが復旧するま何時間も並んでいたのに。それで、ちょっとショックを受けています。
しかも、Wホワイト+オプションパックの強制&自社ポイント付きクレジットカードへの勧誘があり、予約はできても、正直、いい気分ではありません。

量販店と、アップルストアでは、全然顧客対応が違い、ビックリ!
自分で操作を体験しながら、予約や設定をする、アップルストアの接客がとても好感が持てました。製品もすばらしいんだけど、気配りのできるスタッフが充実しているから、今後、アップル製品を購入する際は、量販店ではなく、アップルストアにしよう、と、思います。

iiPhoneのケースを買ったり、iTunesのセットアップやらアプリのダウンロード、Gmailアカウントの取得やらで、これからくる「かわいいiPhone4」を待ちわびながら、毎日作業に励んでいます。

とにかく、一日でも早く、iPhone4、欲しいな~

2010年5月21日 (金)

点から線そして…面へ

今月前半は、仕事が忙しく、体調も良くなかったので、速読スクールになかなか行けず、行けたとしても、スコアが伸びず、スランプが続きました。

トレードも、そう。旅行会社で、ヨーロッパを担当していたので、ユーロへの思い入れが強く、ショートカバー→損切りを、何度繰り返したでしょうか。「ドカン」はないけど、リーマンショックよりも、この下げは、ジワジワ、ボディブローのように、響きます。
同じ減るなら、ぜい肉が減ってくれればいいのに…

ところが、あるきっかけから、またやる気に火がつきました。速読スクールで、本読みの課題が、「天地明察」という、碁打ちで数学者が主人公の小説を渡されたのがきっかけ。私が通っているスクールは、「クリエイト速読スクール」。勝間和代さんの著書にも紹介されています。

その速読の講師、NHKの「ためしてガッテン」の記憶力コンテストで堂々1位のスゴい方なのですが、「本屋大賞の、人気の小説だから」ということで、この本を選んでくれました。
恥しながら、その時、初めてこの小説を知りました。

私、自分からは小説を読まない人なのですが、私のこと、「個人投資家」ということを知っていて、この小説を選んでいただいたのか理由は定かではないんですが、勝負師の精神力・探究心と、巧みな算術で、新しい暦を作り上げよう、というこの小説のあらずじが、「強力なメンタルと、柔軟なトレードさばき」を求めていた私に、とてもしっくりきました。
なので、速読の課題なのに、じっくり読みたくて、本当のことをいいますと、ちょっぴりペースダウンして速読しています。

先日、36回目を終えて、「各訓練はそれぞれ別の能力を鍛えるもの」ではなく、「それぞれの訓練が、相互リンクしていて、その集大成が最後の仕上げの本読みの訓練」だということに、やっと気付きました。点が線となり、その後は、面となって、完成系となっていくのでしょうか?

高校卒業後から、通信教育や自己流で速読を始めて約20年。やっと「醍醐味」に気づけたかな?というところです。

速読訓練のコツをつかみかけたのだから、投資のパフォーマンスも、前年並みに回復できたらいいなぁ、と思っています。

今年は、株式部門は順調なんですが、個人的には、通関士関係の仕事をしていたこともあり、外貨投資への思い入れがあるので、FXやCFDを究めたい、と、思っています。

これからは、「速読」「投資」「ヘミシンク」を、同じくらい、ブログ&ツイッターで書いていきたいと思います。

2010年4月11日 (日)

現在、読んでいる本(投資関係)

先週は、リアルトレードは全くしませんでした。
先週から今週末にかけて、なぜか猛烈に本が、特に、投資関係の本が読みたくなり、次の3冊を読んでいます。

まずは、フィボナッチの勉強のために、と、購入した、「ディナポリの秘数」。

1万円以上の書籍って、図鑑や百科事典以外では、初めて購入しました
購入するまでに、いろいろ躊躇していて、購入を検討してから、3年経っていました。

フィボナッチのことばかりか、と、思いきや、「ずらした平均移動線」の説明が詳しく、読み進めるのが大変ですが、なかなか面白いです。

株について、ここで、財務諸表の読み方も勉強してみたくなりました。一応AFPの登録をしていますが、会計分野の勉強は、本格的にしたことがありません。なので、毎月購読している、「ダイヤモンド・ザイ」の「株入門(上級編)」を購入。上級編となってはいますが、ファンダメンタルズ編、と、言い換えたほうがしっくりくるくらい、基本的かつ分かりやすい内容。

日経新聞の、数字だらけ(決算報告)のページの活用方法が詳しく書いてあったので、とても参考になりました。早速、持ち株の決算短信を確認してみたくなりました。

最後は、FXから。私がFXの世界に入るきっかけとなった、山根亜希子さんの最新刊です。山根さん、セミナーで、とてもイメージしやすいたとえを出して説明してくれるところ、現在、活躍中のFXトレーダーの中では、私にもっとも年代が近い方なので、親しみやすいです。 

情報商材によくあるような、結構実用的なトレードの組み立て方が掲載されています。情報商材と違うのは、詳細なパラメータや、設定方法が掲載されていないこと、くらいかな?
でも、わずか1,680円とは思えないほど、実践的な内容です。情報商材の購入を検討する前に、是非手にとって見て下さい。

この他、投資関係ではないですが、TOEICの、「究単(きわめたん)」なども購入してしまいました。あとは、「速読速聴英単語 business」も、もともと持っていたのですが、改めて読んでみると、結構投資や経済の話題が多く掲載されていることに、気づかされました。

来週は、情報セキュリティスペシャリストの試験があるので、それほど本を読む時間、トレードをする時間がとれなそうですが、試験が終わったら、じっくり読み込んで活用したいと思います。

2010年4月 1日 (木)

初値売りに、失敗。

楽しみにしていた、第一生命の上場。
ユーミンの歌のCM、今日から流れているみたいです。

自分の誕生日くらいの時期に、第一生命の契約者を招待するコンサートがあるみたいなんだけど、私は、契約者でないので、抽選に応募できないのが、残念(>_<)
株主総会で、サプライズがあると、嬉しいなぁ。なので、1株は、4月中旬までは、ホールドすることにしました。

日本中で話題になっている、経済界の「ビッグイベント」だし、マケスピで思いっきり板を見ていたかったので、休みを入れて、8時半よりスタンバイ。

途中、「デイトレーダー」になったつもりで、注目していた銘柄、いくつか注文しました。

少し欲張りすぎたのか、16万2000円の初値を予想していたので、そこで指値をしていたんだけど、実際は、初値は16万円。13時少し前に、成行注文を入れようとしましたが、注文が殺到していたようで、変更ができませんでした。

結果、片方の初値売りは、失敗に終わりました。
ほとんど、新規上場株は、初値売りで乗り切ってきましたが、出光興産の時は、「除夜の鐘」のビジョンが見えてしまい、結果、初値より高い1080円の指値が通りました。

ところが…。現在、第一生命の株、私設市場(PTS)では、初値以上の価格で取引されています。

「災い転じて福となる」とかいうけれど、本当にそうなってくれると、嬉しいです。

2009年9月20日 (日)

ブログを更新しなかった「言い訳」

最近、ブログを更新していなかったのには、深い訳があります。

本当のことをいうと「あの日以来」FXをやっていなかったからです。
「あの日とは…」そう、総選挙の翌日、民主党政権が確実となった、8/31からです。
速読スクールに、今も1日おきに通っていて、トレードの時間がなかなか取れなかった、というのもありますが…。

確かに、以前と比較すると、財務大臣や、金融担当大臣の発言により、レートの動き方が大きくなったような気がします。藤井大臣は、大蔵大臣の経験者だから、特に影響力が強いのかも、と、思います。

それだけ、日本の政権が、世界から注目されるようになった、ということなのでしょうか?

政権が変わったのだから、自分のトレードも変えなきゃいけないですね。
FXは、「売り」からも入れるから、円高トレンドでも、対応可能だし。

で、久々に購入したFXの本が、sarahさんの本。
sarahさんとは、懇親会やセミナーでお会いしたことがありますが、写真で見ても大変な美人ですが、直接お話ししてみると、「とても、エレガントで知的な、美女トレーダー」というのを、実感します。私よりもお若いのですが、憧れの存在です。

本の内容、特に、面白かったのは、sarahさんのお父さんのお話。
私の母も、「なんとなく」株の売買をやっているようですが、パフォーマンスは、私以上。
でも、四季報とか、読んでいるところを見たことないし、本当に「勝っている人」を見ると、「何をやっているのか?」不思議でたまりません。

そんな「スイングトレーダー」派の母と、「バイ&ホールド」派の堅実な父との間に生まれた娘なので、いいところを掛け合わせれば「最強のトレーダー」になれるはず?なのに、まだ、修業が足りないみたい。

「勝つ」方法って、いろいろ経験から学びとっていくものなんだなぁ、と、実感。
ピンク色の表紙で、かわいらしい外見なんですが、リスク管理の大切さもしっかり。とても真面目なFXの本です。

「魔の時間」のうち、私には「関係ない!」というのもあったなぁ。悲しいことに、「失恋」の心配は、今のところ、ないし。

アラサー、アラフォーの女性には、「女性の生き方」の参考書としても、おススメです。

百聞は一見にしかず。是非、sarahさんの本で、FXの世界に飛び込んでみてください。
私も、シルバーウィークから、「再出発」します!

より以前の記事一覧

おすすめ証券会社

楽天証券
オンライントレーディングソフト
「マーケットスピード」が好評!
SBI証券
手数料で比べるなら、やっぱりSBI証券。IPOもFXも好評です。
カブドットコム証券
自動売買・kabuマシーンが好評!預かり資産があれば非前金制も選択可能。

FX会社

外為ジャパン
時間成行注文OK!仲値トレードに便利です

ALL外為比較